トランスジェンダーの女性、うつ病を労災申請

弁護士ドットコムニュースによると、トランスジェンダーの女性がうつ病を発症したのは、上司からのSOGIハラが原因として、労災申請をしたことが明らかになりました。


参考:トランス女性 「上司から執拗に『くん付け』された」 うつ病発症で労災申請(弁護士ドットコムニュース)

https://www.bengo4.com/c_5/n_13555/



先日、性別変更をした看護助手が発症した精神障害が労災として認定された事が明らかになったばかりですが、アウティングやSOGIハラを理由に労災申請をするケースが増えてきています。


アウティングやSOGIハラが労災認定されるとどうなる?



その背景には、労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)の改正があります。


アウティングやSOGIハラスメントに注意!労働関係法規の現状は?



企業として、ハラスメントの防止措置を取って行く事が必要ですが、どのような事から着手していけばよいでしょうか?


SOGIハラの多くは、加害者がLGBTについて正しい知識を持っていない事が原因です。

社内研修等により従業員に正しい知識を身に着けてもらう事は、ハラスメントの防止対策として大きな効果が期待できます。


従業員に正しい知識を身につけてもらうには?

最新記事

すべて表示

愛知県名古屋市は、同性パートナーシップ証明制度に加えカップルの子どもも家族として認定する「ファミリーシップ制度」を11月に導入する方針を市議会総務環境委員会で明らかにしました。 名古屋市の制度は、性的少数者の方々や様々な事情により婚姻制度や養子縁組制度を利用することができない方々の生きづらさや困難の解消を図るとともに、人権が尊重され、一人一人の個性や多様な価値観・生き方を認め合える社会を実現するこ

LGBTQなど性的少数者が働きやすい環境作りを進めるため、埼玉県は6日、性の多様性に配慮する企業の登録制度を始めると発表しました。 県が実施する「にじいろ企業研修(オンライン)」を受講することが条件で、「性的指向や性自認に基づく差別をしないなど、性の多様性を尊重する方針等を社内外に広く公開している(社内規則等)」など基本的な方針のほか、「社内での理解促進」や、「相談体制の整備」など8項目40指標に