top of page

PRIDE指標2023が発表

2023年11月7日、企業におけるLGBTQ+への取り組みの評価指標である「PRIDE指標2023」が発表されました。


任意団体である「work with Pride」が2016年に策定した評価指標で、企業のLGBTQ+に関する方針や人事制度などで評価されます。

今年度は326社がゴールド認定(3段階の評定で最高評価)を受賞しました。

また2021年に新設された「レインボー認定」には今年度は31社の応募があり、審査の結果21社の取り組みを今年度の「レインボー認定」と認定しました。



弊所(社会保険労務士法人 亀井労務管理事務所)も昨年度に引き続き、3年連続のゴールドの認定を頂く事が出来ました。


ゴールド認定の企業数も年々増え、また認定の審査ポイントも今年度より改定されるなど、企業や団体が果たす役割や存在感が増しているように感じます。

来年度に向けて職場環境の整備等をご検討の方は、お問い合わせくださいませ。


最新記事

すべて表示

同性婚を認めないのは「違憲」 初の高裁判決

同性カップルの結婚を認めない民法等の規定が憲法に違反すると訴えた集団訴訟の判決が、2024年3月14日に札幌高裁で出されました。 判決は、民法等の規定は憲法第24条第1項に反して「違憲」と判断し、同種訴訟において、高裁レベルで初めての違憲判断となりました。 判決では、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法第24条第1項は、「同性婚も保証すると理解できる」との判断を、初めて示しました

Comments


bottom of page