top of page

PRIDE指標2023が発表

2023年11月7日、企業におけるLGBTQ+への取り組みの評価指標である「PRIDE指標2023」が発表されました。


任意団体である「work with Pride」が2016年に策定した評価指標で、企業のLGBTQ+に関する方針や人事制度などで評価されます。

今年度は326社がゴールド認定(3段階の評定で最高評価)を受賞しました。

また2021年に新設された「レインボー認定」には今年度は31社の応募があり、審査の結果21社の取り組みを今年度の「レインボー認定」と認定しました。



弊所(社会保険労務士法人 亀井労務管理事務所)も昨年度に引き続き、3年連続のゴールドの認定を頂く事が出来ました。


ゴールド認定の企業数も年々増え、また認定の審査ポイントも今年度より改定されるなど、企業や団体が果たす役割や存在感が増しているように感じます。

来年度に向けて職場環境の整備等をご検討の方は、お問い合わせくださいませ。


最新記事

すべて表示

最高裁 性別変更について生殖不能要件を否定

最高裁判所は10月25日、戸籍上の性別を変更するために法で要求されている「手術等により生殖能力がないこと」という要件を憲法違反として否定しました。 現在、法律上の性別変更を行うために必要な要件は、2004年に施行された性同一性障害特例法において以下の5つが挙げられています。 ①18歳以上であること ②婚姻をしていないこと ③未成年の子がいないこと ④生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状

「アウティング」が労災認定

職場で本人の同意がないまま性的指向を周囲の人に暴露する「アウティング」 の被害を受けたことが原因で精神疾患を発症した20代の男性が、労働基準監督署から労災として認定されていたことがわかりました。 2019年に都内の保険代理店に入社した際、緊急連絡先を登録するため、必要のある正社員に限って伝えることなどを条件に同居する同性のパートナーがいることを会社側に伝えました。 しかし、およそ1か月後に上司がパ

経産省トランス職員のトイレ利用に関する判決について

経済産業省に勤めるトランスジェンダーの職員が、職場の女性用トイレの使用を制限されているのは不当だとして国を訴えた裁判で、最高裁判所は11日、トイレの使用制限を認めた国の対応は違法だとする判決を言い渡しました。 性的マイノリティーの人たちの職場環境に関する訴訟で、最高裁が判断を示したのは初めてです。 判決の中で今崎幸彦裁判長は「職員は、自認する性別と異なる男性用トイレを使うか、職場から離れた女性用ト

bottom of page