PRIDE指標2021が発表

2021年11月11日、企業におけるLGBTへの取り組みの評価指標である「PRIDE指標2021」が発表されました。


任意団体である「work with Pride」が2016年に策定した評価指標で、企業のLGBTに関する方針や人事制度など5つの項目で評価されます。


昨年度は、ゴールド(3段階ある認定の中の最高の認定)を受賞した企業は183社でしたが、今年度は、237社が受賞いたしました。



また、弊所(社会保険労務士法人 亀井労務管理事務所)もゴールドの認定を頂く事が出来ました!









最新記事

すべて表示

米国で性別欄「X」のパスポートを発給

米国国務省は10月27日、性別欄に「X」と記載されたパスポートを発給したと発表しました。性別「X」は、自身の性別が男性にも女性にも当たらないと認識する人が選択できるとしました。 従来の性別の枠組みにとらわれないパスポートを発給している国は既にヨーロッパを中心に幾つか存在しており、米国の対応により今後、増えていく事が予想されます。

10月11日は国際カミングアウトデ-

10月11日は国際カミングアウトデーです。 性的指向や性自認をカミングアウトした人々を祝うと共に、LGBTの認知と理解の向上を目指した記念日で、1988年にアメリカで制定されました。 日本ではまだあまり知られていませんが、世界的な記念日になっています。

スイスで同性婚の国民投票、賛成多数で合法化へ

9月26日スイスで、同性婚の合法化の是非を問う国民投票が行われ、 64%が賛成し、同性婚が合法化される事となりました。 2001年にオランダが同性婚の合法化に踏み切って以来、多くの国が同性婚を認めており、スイスは世界で30番目に同性婚もしくはパートナー制度等を認める国となりました。