top of page

東京都が2022年パートナシップ制度導入へ

東京都は2022年に同性パートナーシップ制度(※)を導入する事を明らかにしました。

小池都知事は12月7日の代表質問に対し、来年度中の導入に向けて、今年度中に制度の基本的な考え方を示すとしました。


※同性のカップルを婚姻に相当する関係であることを自治体が証明する制度。

 一部の公的・民間サービスでも、婚姻関係と同様に扱われる事もありますが、

 社会保険における被扶養者、所得税や相続税における配偶者には該当しないなど、

 課題も指摘されています。

最新記事

すべて表示

2022年12月より、名古屋市でファミリーシップ制度の運用が開始されました。 制度の概要は 「互いを人生のパートナーとし、日常生活において、対等な立場で継続的な共同生活を行っている又は行うことを約したお2人が市に宣誓し、市が宣誓書受領証等を交付するものです。お2人のほかに、生計を同一とするお子さんがいる場合で、希望する場合は、宣誓書受領証等へお子さんの名前を記載できます。」(名古屋市ホームページよ

愛知県名古屋市は、同性パートナーシップ証明制度に加えカップルの子どもも家族として認定する「ファミリーシップ制度」を11月に導入する方針を市議会総務環境委員会で明らかにしました。 名古屋市の制度は、性的少数者の方々や様々な事情により婚姻制度や養子縁組制度を利用することができない方々の生きづらさや困難の解消を図るとともに、人権が尊重され、一人一人の個性や多様な価値観・生き方を認め合える社会を実現するこ

bottom of page