top of page

東京都が2022年パートナシップ制度導入へ

東京都は2022年に同性パートナーシップ制度(※)を導入する事を明らかにしました。

小池都知事は12月7日の代表質問に対し、来年度中の導入に向けて、今年度中に制度の基本的な考え方を示すとしました。


※同性のカップルを婚姻に相当する関係であることを自治体が証明する制度。

 一部の公的・民間サービスでも、婚姻関係と同様に扱われる事もありますが、

 社会保険における被扶養者、所得税や相続税における配偶者には該当しないなど、

 課題も指摘されています。

最新記事

すべて表示

同性婚を認めないのは「違憲」 初の高裁判決

同性カップルの結婚を認めない民法等の規定が憲法に違反すると訴えた集団訴訟の判決が、2024年3月14日に札幌高裁で出されました。 判決は、民法等の規定は憲法第24条第1項に反して「違憲」と判断し、同種訴訟において、高裁レベルで初めての違憲判断となりました。 判決では、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法第24条第1項は、「同性婚も保証すると理解できる」との判断を、初めて示しました

Comments


bottom of page