東京都が2022年パートナシップ制度導入へ

東京都は2022年に同性パートナーシップ制度(※)を導入する事を明らかにしました。

小池都知事は12月7日の代表質問に対し、来年度中の導入に向けて、今年度中に制度の基本的な考え方を示すとしました。


※同性のカップルを婚姻に相当する関係であることを自治体が証明する制度。

 一部の公的・民間サービスでも、婚姻関係と同様に扱われる事もありますが、

 社会保険における被扶養者、所得税や相続税における配偶者には該当しないなど、

 課題も指摘されています。

最新記事

すべて表示

LGBTQなど性的少数者が働きやすい環境作りを進めるため、埼玉県は6日、性の多様性に配慮する企業の登録制度を始めると発表しました。 県が実施する「にじいろ企業研修(オンライン)」を受講することが条件で、「性的指向や性自認に基づく差別をしないなど、性の多様性を尊重する方針等を社内外に広く公開している(社内規則等)」など基本的な方針のほか、「社内での理解促進」や、「相談体制の整備」など8項目40指標に

東京都は、性的少数者(LGBTQ等)のカップルを公的に認める「東京都パートナーシップ宣誓制度」の運用を11月1日から始めると発表しました。10月中旬からオンラインで受け付けを開始し、届出受理から原則10日以内に証明書を発行する予定となっています。