top of page

東京レインボープライド2024に参加しました


2024年4月20日(土)、21日(日)に開催された東京レインボープライド2024(以下、TRP)に参加しました。

(予定されていた19日は強風の影響により安全を考慮し中止。)





21日の午前中はホームページ内トピックスでも先にお伝えした「企業経営者アライネットワークPride1000」のネットワーキングイベントにて、ネットワークに賛同されていらっしゃる皆様と交流をさせていただきました。







LGBTQ+の方々の働きやすさにフォーカスした取り組みを積極的にされている会社の経営層の方々の集まりなだけあって、非常に先進的なご意見をお聞きすることができ、大きな刺激と学びの場となりました。


午後からはTRPのメインイベントの一つであるパレードに「work with Pride」グループの一員として参加いたしました。


街に出ると、沿道にはレインボーフラッグを持った本当にたくさんの方達がいらっしゃって、皆さん笑顔で「Happy Pride!」と声をかけてくださり、自然とこちらも楽しい気持ちになりました。




うっかり手ぶらで参加してしまった私たちは、途中、一緒に歩いていた方から「work with Pride」の手持ちフラッグをお借りして、その方とお話などもしながら歩いていたら、あっという間にゴール地点に到着していました。


渋谷の街を歩いた1時間ちょっとのパレードの間はもちろん、会場である代々木公園に集まった人たちの姿を見て、これだけ大きなイベントが社会に与える影響は小さくないだろうと身をもって感じました。


事務所としても、個人としても、イベントやパレードに参加できたことを誇りに思います。




6月15日には名古屋レインボープライドが開催されます。

3年目の参加となる今年も、会場でたくさんの方達とお会いできるのを楽しみにしております。


※参加者のプライバシーに配慮し、画像は一部加工しています。


亀井労務管理事務所 青嶋 輝

最新記事

すべて表示

同性婚を認めないのは「違憲」 初の高裁判決

同性カップルの結婚を認めない民法等の規定が憲法に違反すると訴えた集団訴訟の判決が、2024年3月14日に札幌高裁で出されました。 判決は、民法等の規定は憲法第24条第1項に反して「違憲」と判断し、同種訴訟において、高裁レベルで初めての違憲判断となりました。 判決では、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法第24条第1項は、「同性婚も保証すると理解できる」との判断を、初めて示しました

留言


bottom of page