top of page

名古屋市 ファミリーシップ制度開始!

2022年12月より、名古屋市でファミリーシップ制度の運用が開始されました。


制度の概要は

「互いを人生のパートナーとし、日常生活において、対等な立場で継続的な共同生活を行っている又は行うことを約したお2人が市に宣誓し、市が宣誓書受領証等を交付するものです。お2人のほかに、生計を同一とするお子さんがいる場合で、希望する場合は、宣誓書受領証等へお子さんの名前を記載できます。」(名古屋市ホームページより抜粋)

となっており、LGBTQなどの性的マイノリティの方に限らず、婚姻制度や養子縁組制度を利用できないなど、様々な事情を抱えた方が利用できる制度となっています。


宣誓をすることによって、住民票の続柄表記を「縁故者」に変更することができたり、家族介護慰労金の受給者になることができます。


制度の詳細については名古屋市ホームページ

https://www.city.nagoya.jp/shisei/category/49-2-23-0-0-0-0-0-0-0.html

をご確認ください。


自治体の証明を受けた2人のみが対象となるパートナーシップ制度は、全国200以上の自治体で導入されておりますが、その2人と子を含むファミリーシップ制度を導入している自治体はまだまだ少なく、異なる制度の自治体間に転居した場合、様々な問題が生じることが予想されます。今後は自治体間の協定や制度の統一などが望まれます。





最新記事

すべて表示

愛知県名古屋市は、同性パートナーシップ証明制度に加えカップルの子どもも家族として認定する「ファミリーシップ制度」を11月に導入する方針を市議会総務環境委員会で明らかにしました。 名古屋市の制度は、性的少数者の方々や様々な事情により婚姻制度や養子縁組制度を利用することができない方々の生きづらさや困難の解消を図るとともに、人権が尊重され、一人一人の個性や多様な価値観・生き方を認め合える社会を実現するこ

LGBTQなど性的少数者が働きやすい環境作りを進めるため、埼玉県は6日、性の多様性に配慮する企業の登録制度を始めると発表しました。 県が実施する「にじいろ企業研修(オンライン)」を受講することが条件で、「性的指向や性自認に基づく差別をしないなど、性の多様性を尊重する方針等を社内外に広く公開している(社内規則等)」など基本的な方針のほか、「社内での理解促進」や、「相談体制の整備」など8項目40指標に

bottom of page