top of page

「アウティング」が労災認定

 職場で本人の同意がないまま性的指向を周囲の人に暴露する「アウティング」

の被害を受けたことが原因で精神疾患を発症した20代の男性が、労働基準監督署から労災として認定されていたことがわかりました。


 2019年に都内の保険代理店に入社した際、緊急連絡先を登録するため、必要のある正社員に限って伝えることなどを条件に同居する同性のパートナーがいることを会社側に伝えました。


 しかし、およそ1か月後に上司がパート従業員1人に対して、「アウティング」を行っており、上司は「自分で言うのは恥ずかしいと思ったから言っておいた。1人ぐらいいいでしょ」と男性に説明したということです。


 その一件以降、上司を信用できなくなり、上司との関係性も悪化し、精神疾患を発症し、長期間の休職の末、2年後に退職。


 これを受け男性は労働基準監督署に労災の申請を行い、精神疾患はアウティングによるものでパワーハラスメントと認められるとして去年3月に労災と認定されました。


 アウティング被害による労働災害は「全国初」とみられます。











最新記事

すべて表示

同性婚を認めないのは「違憲」 初の高裁判決

同性カップルの結婚を認めない民法等の規定が憲法に違反すると訴えた集団訴訟の判決が、2024年3月14日に札幌高裁で出されました。 判決は、民法等の規定は憲法第24条第1項に反して「違憲」と判断し、同種訴訟において、高裁レベルで初めての違憲判断となりました。 判決では、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法第24条第1項は、「同性婚も保証すると理解できる」との判断を、初めて示しました

Comments


bottom of page